ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)

添付ファイルの画像

内容

  •  プレイヤーは電動車椅子に座っている(立てない)設定。懐中電灯をかざしながら病院内を進行、恐怖の病院からの脱出を目指す。
  •  前進、後退は自由だが、走行コースはいくつかのパターンのうちのどれかを強制的に進まされることに。そのためコースは4人で同時にスタートしてもバラバラに。
  •  チェックポイントでは、その4人が全員揃うまで先に進めないため、1人でも怖がって先に進めなくなると、そこから進めなくなり淡々と制限時間が減ってしまう。もしクリアを目指すなら、たとえ怖くても前進し続けなければなりません(目をつぶるのも一つの手)。
  •  同時にプレイしている人とはマイクを通じて会話可能(しかしそれが、悲鳴を共有するような形になり、より恐怖を煽ります)。
  •  このコンテンツは、利用前にしつこいくらいに「恐いけれど良いですか」と聞かれます。実際ものすごく恐い。

構成

  • マルチプレイ/シットダウン/マルチストーリー(一部ゲーム)
  • 同時利用人数:4名
  • 前進・後進を制御するコントロールレバー
  • 懐中電灯となるコントローラー

設置場所

過去の設置場所


添付ファイル: file20160419211514.jpg 426件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-01 (金) 23:45:23 (736d)